コラム・特集

標準化の歴史

古代社会が発達し、集落規模が大きくなり、生活物資の集積が
可能な段階に達すると交易活動がおこなわれてきます。
活動を可能にするためには計量の単位設定が必要になり、
共通の単位が生まれてきたのが公共標準化のルーツです。

企業経営でも活動が拡大してくるにつれ、
直接・間接に関係するものの明瞭な取り決めが必要になってきます。
取り決めなければならないのは、材料や部品の計量だけではなく
生産方法や設備、業務の手順や手続き等幅広く生じます。
これらの仕様や取り決めが守られることで、
確実かつ効率的な企業活動が保証されるようになるのです。

こうした発想をもとに発達してきたのが、社内標準化の考え方です。
相互理解を早め、利便性をあげ、経営効率を高めるために
重要な考え方といえます。

標準化については長年の研究と実績にもとづく手法が確立しています。

関連記事一覧

生産部門の教育ご責任者様へ 2018ものづくり公開セミナーガイド

購買・調達部門の教育ご責任者様へ 2018ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー