コラム・特集

調達戦略に反映するための販売計画の把握

調達部門と
セールス・マーケティング部門の活動には
様々な協力関係が生じます。

まず、販売開始後はその販売計画・生産計画に連動した
的確な調達計画・実行が求められます。

もちろん予定外の上振れ、下振れが起こることも
あります。

その際に調達部門としては、
売り現場の情報を直接とり、
実際に市場で需要増が生じているのか、
一時的な販促活動の影響なのかを見極めながら
調達戦略をたてることが求められます。

また調達の原価低減をはかるために、販売計画と
同期させて部材調達の交渉を進めることもあります。

逆に、部材の不足が予想される際には
早めに販売計画との調整をし、最大の売上を
得られるような戦略をとっていく必要があります。

調達購買部門として他部門との連携を図る際には、、
幅広い知識を持って協議・交渉していくことが求められます。

まずは基礎知識の網羅に、
「調達ベーシックオンラインコース」を活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

生産部門の教育ご責任者様へ 2018ものづくり公開セミナーガイド

購買・調達部門の教育ご責任者様へ 2018ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー